絶対儲かる。IPO投資は始めてください。仕組みをQ&Aで解説します

みなさん、こんばんは。

絶対儲かるって聞いたら嘘でしょうと思いますが、実際ほとんど儲かる投資があります。それは、IPO(新規上場株)の購入です。

どうやったら儲かるのか。なぜほとんど儲かるのかをQ&Aで紹介していきますので、これを読んで、眠っている(銀行に預けている)お金がある人は、絶対はじめたほうがいいと思います。

IPOとはなにか

IPO投資とは、新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れるもの。簡単にいうと、抽選に当選すると、上場する前に株を手に入れることができるもの。

IPO投資をするメリット

上場日のはじめに付く株価(初値〔はつね〕)で株を売ることで利益が出すことができます。

IPOですること

上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」という作業。

初値売りは必ず守りましょう。IPOセンカンダリ(初値つけた後、上がると予想し保有し続ける)もありますが、セカンダリで2倍以上になった例は多いです。しかしその逆もありますのでリスクを伴います。ですので、初値売りは確実でお勧めです。私自身も初値売りしかしません。

IPOの当選確率

当選確率は一概にいえませんが、一人で50万円資産で実施すると年に1~5本程度じゃないでしょうか。抽選であるため運の作用がかなり大きいです。

当選したらどれくらい儲かるの

当選した業者にもよるが、少なくて数千円~数万円、結構な確率で数十万円、ごく稀に数百万円儲かる確率があります。

※一撃での利益ランキング(少し古いデータですが)

2013年

1位 146万円

2位 85万円

3位 78万円

 

2016年度の実績は、4月~9月で33社が上場し、30社が初値が公募価格を上回っています。つまりほとんど儲かっているってことですね。

そのうちの1社で4月に上場した、グローバルウェイが一撃110万円ってのがありました。

私はなんと、運よく当選しました(´・ω・`)

負けるんじゃないの

2013年実績で54戦52勝2敗というデータがあり、当選するのは難しいですが、当選するとほぼ儲かるという実績があります。

2013年・・1131万円 (上場企業54社中52社 初値上昇している)

今までが儲かりそうな業者ばかり上場してただけじゃないの

IT業者や運送会社、金属加工業者など幅広く上場しているので儲かりそうな業者だけではありません。

ただ、心配であれば買う銘柄を選択して抽選に応募すればいいのです。

株とかわからないからあがりそうな銘柄とかわかりません。

インターネットで詳しい人が教えてくれていますので誰でもわかります。

私がいつも参考にしているサイトは96ut.comです。

すごい上がりそうな銘柄から、ちょっと心配な銘柄を教えてくれているため選んで応募するだけです。A~D評価しています。もちろん、Aランクは競争率が高いため当選率も低いです。

だからといってC,Dランクが当たりやすいわけでもありませんが。上場前の気配が悪くない限り私はできるだけ応募するようにしていますが、予算もあるので厳選しています。

そんな儲かるのになんで、なんでみんなしていないのですか。

みんなは、IPOという低リスク投資の情報をしらないからです。リスクがほとんどないため知っている人はIPOをやっていると思います(推測ですが)。ただ、他で儲かっている人は、結構めんどくさい部分もあるので、やっていない人も多いと思います。IPOのことを知ったらすぐ口座開設して応募する準備をすることをお勧めします。

銀行で低金利で預けておくより1000倍いいです。

やろうとしたらいくら必要なの

IPOは抽選を受ける前に購入しようとする株の購入資金を預けておく必要があるため、ある程度の資金が必要になります。落選すれば全額、帰ってきます。当然ですが。

当選すると、そこで購入の意思を問われるため嫌だったら買わなくてもいいです。(ペナルティーはあるところもありますが)抽選を受けることはタダです。

ちなみにお金を預けなくても抽選してくれるところもありますので、必ずそこは口座を開くべきです。お金がいらない分、当選確率は圧倒的に低いですが。※抽選を受ける人が多く、分母が大きくなるから)

IPOは30万円程度あれば可能ですが、1社に対して1回しか応募できません。そのため50~100万円程度あれば、かなり当選確率を上げることができます。もちろん500万円あれば当選確率を2倍以上アップすることも可能です。
事実、資金が多い人ほど当選しやすいのは確かです。配分株式数のうち、いくつかの会社は、完全平等抽選をしてくれる会社などがありそこでの応募をすることで当選確率が上がると思います。

IPOのメリットはわかりましたがデメリットはありますか

デメリットはほぼないと思います。しかしながら、当選するかしないかで宝くじのようなものであり、くじけずに応募するという忍耐強さが必要です。
宝くじより当選確率が高い確実な少額宝くじのようなものです。
当たらな過ぎてちょっとしんどくなってきたり、少額で始められるの場合であれば口座間の資金移動とかが手間であると思いますが、忍耐強く続けましょう。

始めるにはどうしたらいいですか。

まず、することは証券口座を開くことです。上記の証券口座は確実に開く必要があります。上記の証券口座なのですか。違うのも開きたいです。
始めての証券口座開設は、主幹事が多いSBI証券及びSMBC日興証券が私的にはお勧めです。SBI証券は資金がある人が優遇はされていますが、SMBCであれば少なくても全然チャンスがあります。まぁ、SBI証券も全然チャンスがありますが。SBI証券はIPOの取扱いが圧倒的に多いため開設しておくべき証券会社です。まぁ私的には、主幹事は少ないですが、マネックス証券は取扱いが多く、平等抽選でお勧めな証券口座です。

主幹事とはなにですか

株式には発行株数が決まっており、証券口座によって割り当て株数が変わってきます。そのため主幹事であるかどうかはかなり重要ポイントとなります。当然、主幹事であれば割り当ても多くなるため、当選確率もかなり上がります。

それと、IPO事態取扱いしていない証券会社が数多くあります。上記の証券会社は、IPO取扱いが圧倒的に多いのも特徴です。

結局どれくらい儲かるの

結局のところかなり運の要素が強いため、不明ですが年10万円~50万円はもうかりそうな気がします。厳選して抽選申し込みをすればマイナスにはなりません。単純に家族口座や子供がいるのであれば未成年口座等で、2人でやれば当選確率2倍、3人ですれば3倍。(運にだいぶ左右されますが。)その分資金もいるので難しいところですが。

 

以上、上記の理由を加味すると今やらない理由がないと思います。

 

必要な口座開設については、こちらを参考にしてみて下さい。

どの口座がどういった特徴があるのかを解説しています。これさえ見れば大丈夫だと思います。

この子はニンちゃんといいます。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です