FXとは?1分で分かるFXの仕組み!

円高になるか円安になるかを予想するだけ

 

FXとは、外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)のことですが、米ドルやユーロの通貨を売買することです。

単純にその通貨のレートが上がるか下がるかを予想するだけです。

 

例えば、

1ドル100円の時に1万円で100ドル買ったとします。

円高になり1ドル90円まで下がると、100ドルは、交換する際に9000円となり、マイナス1000円になります。

逆も同じで、1ドル110円まで円安に動いたとすると交換する際は11000円になり1000円のプラスになるということです。

 

為替取引©SBI FXトレード株式会社

 

為替取引とは、購入時と交換時の為替レートの差が利益になります。日本円に限らず、米ドルとユーロなどの通貨なども購入することが可能です。慣れるまでは日本円が絡んでいるほうが分かりやすと思います。

 

金利差によっても生まれる利益

 

FXは2国間の為替取引になりますが、各国の金利差によっても利益が発生します。

 

例えば、

AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)を買いで購入したとします。

オーストラリアと日本は金利がもちろん違います。

 

オーストラリアは1.50%、日本は0.1%となっているため、金利差が

1.50-0.1=1.4%生じています。

 
この金利差分を、ポジションの保有中もらえることになります。

これを、スワップと呼びます。

実際には、スワップ確定日等がありそれに従いスワップをもらうことになります。

 

現在、取引できる通貨でスワップ金利が多い通貨は、南アメリカランドやトルコリラなどがあります。

 

これでスワップ生活をしている人もいるみたいですが、基本的に金利が高い=国の情勢が不安定となっておりますので為替レート差の損益による不安が残ります。保有しているだけで利益が得られるとは夢のような生活ですが甘くはありません。

 

スワップ分は為替差益で一瞬で吹き飛んだって人は多いです。その証拠に結構スワップ生活ブログって途中で終わっている人多いですよね。

資金管理さえ間違わなければ、最高の生活を送れるはずですが・・・。
売買するときは、為替のレート差による損益金利差による損益が発生することになりますので覚えておいてください。

 

レバレッジとは?

FXにおいて、一番の魅力であるのがレバレッジです。これが株にはない魅力の一つです。

株には信用取引もありますが、3倍までです。しかも、信用取引は期限付きや場所代などがいることから手数料も高いです。

しかし、FXのレバレッジは日本の場合だと、最大25倍

 

海外だと888倍とかです。すごくないですか?図解するとこんな感じです。分かりやすく説明してくれています。

rebarejji©SBI FXトレード株式会社

分かりやすく解説すると、レバレッジとは、資金100万円の人が25倍で2500万円のトレードができるってことです。

少ない資金で大きな資金を動かすことができるのが、魅力ですね。

 

大きなリターンを得られる反面、大きなリスクもあるのでそこは注意が必要です。

海外FXの場合だと、最大888倍であるため、10万円の資産でも8880万円の取引が可能と考えると恐ろしいですね。

 

日本も昔250倍とか普通でしたが、ギャンブル性が高いとされ最大が25倍までと規制されました。25倍でも結構な取引ができますが、88倍は大変魅力的であるため、少額で大きなお金を動かしたいという人には向いているのかもしれません。

ただし、しっかりとリスク管理できる人であればですが・・・。

この子はニンちゃんといいます。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です