iサイクル注文とは

平成26年10月1日より、外為オンラインから「iサイクル注文」と「サイクル注文」が提供開始されました。
これは、マネースクウェア・ジャパンから出ている、有名なトラリピと同様な商品であり、一定間隔の値幅で売買を繰り返すというものです。
イメージは下記の画像のイメージです。(クリックで拡大してください)image-132

何をするかというと、想定変動幅(例えば300pips)・買か売か・どれくらいの資金を使用するかを決めるだけで、後は追従機能が自動化しているため勝手に取引してくれます。ここがトラリピにはないところ。image-133想定変動幅を決定し、買いか売りで資金量を決定するだけ。そうすると、資金量に合わせた値幅と損切設定を計算してくれて取引開始できます。とても簡単です。

想定変動幅も過去を参考に、過去の変動幅(1か月、2か月、3か月、6か月、1年)と選択できるようになっており、とても親切になっております。
もちろん、任意の変動幅も設定できます。

このての自動売買は、利小損大といわれております。確かにその通りなのですが、想定している方向と違う方向に動いたとしても一直線に下がったり上がったりするわけではなく、その中でも小さく利益を積み重ねていくことができます。損切を食らったとしても、今までとった利益の中でカバーできるものだと思っております。しかしながら、はじめるタイミングによっては一概に言えませんが。ただ、長く続ければ続けるほど、証拠金も多くなり、1年続けたときには安心できるぐらいにはなってると思っております。まだ検証中ですが。

しかも外為オンラインはただ今、手数料無料キャンペーン中ということもあり、今はじめない手はないと思います。

ちなみに手数料は、通常であれば1000通貨あたり片道20円。新規取引、約定取引に両方かかってきますので40円かかってくることになります。利益の4割持っていかれることになります。大きいです。

こういうものは早く始めた人が得するイメージがありますので、少しでも興味を持たれた方は始めてみてはいかがでしょうか。

er_rtxt

この子はニンちゃんといいます。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です