負け組から勝ち組になるために②~メンタル管理~

負け組から勝ち組になるためにの2回目になります。

前回、収支管理の重要性を説明させてもらいました。前回記事に興味がある人はこちらから見てください。

負け組から勝ち組になるために①~収支管理~

 

今回は、メンタル管理についてです。

 

メンタル管理はいいから、検証することが大事だろって思われている人もいるかもしれませんが、もちろんその通りです。

 

実際、メンタル管理は必要ありませんって人もいるかもしれませんが、負けている人ほどこれができていません。

 

では、メンタル管理とはどんなものなのか。

① チャンスを逃しても気にしない

② 負けを取り戻そうとしない

③ 損をするのはしょーがない

負けている人で、結構してしまいがちなことの代表3つです。

では、それぞれについて解説していきます。

① チャンスを逃しても気にしない

さぁ、トレードしようと思ってチャート開いた瞬間、「うわっ」ってなる時ありませんか?

もう少し前だったらトレードできるチャンスだったのにって(´・ω・`)

 

そうして、少し妥協して入ってしまう時って結構あるあるだと思うんですが、これをやると妥協してしまっているのでルール破りのトレードをしてしまうことになるんですよね。

 

相場は、24時間開いています。チャンスは何回もありますので、1度のチャンスを逃したことでの失敗した―となるのはやめたほうがいいですね。

時には積極的にイケイケでいくことも大事ですが、

 

待てる人=勝てる人です。

 

ちなみに私はスロットもしているのですが、勝てる人=打たないことができる人と思っています。

 

打たないことができる人っていうのは、いい台がなかったら打たずに帰れる人ってことです。妥協してスロットをすると必ず負ける結果となります。余談ですが・・・

② 負けを取り戻そうとしない

ギャンブルでもスポーツでもなんでもそうだと思うんですが、勝負の世界で熱くなったその時点で負けです。いつも冷静に客観的に自分を見ることが大事です。

 

負け額が多くなればなるほど、資金がなくなればなくなるほど熱くなるもので、冷静な判断・取引ができなくなります。

 

この状態に陥った時は、危険ですね。もう勝てません。勝つ人もいますが、少ないですね。

③ 損をするのはしょーがない

損をするのはもちろん嫌なことですが、勝率100%ってのは、FXの世界ではほとんどあり得ません。あったら教えてほしいぐらいです。

 

ですので、トータルで100%に持っていくことは可能であり、その過程の中で損切(損)をするのは必要経費だと考えてトレードすることが大事です。

 

これだけ検証して勝てるルールだから負ける(損をする)のは、しょーがないと思えるようになるまで、検証することが大事です。

 

まとめ

負けている人は、結構当てはまる人多いのではないでしょうか。私も熱くなることがあるので、入る前にルール通りのトレードなのか見直すようにしていますが、それでも熱くなってのトレードって結構してしまうんですよね。

 

意識していてもできないって、それぐらい難しいってことですね。

 

メンタル管理をするうえで、上記全てを克服する方法が、トレードルールの確立です。

勝てるトレードルールを確立することで、

 

① チャンスを逃しても気にしない → 今回逃したけれども、トータルで勝てるしまたチャンスを待つか。

② 負けを取り戻そうとしない → ルール通りだからしょーがない。

③ 損をするのはしょーがない → ルール通りだからしょーがない。次だね。

 

ってなるはずです。なるかな?(*´Д`)

 

まぁ、なるかならないかは置いておいて、自信のあるトレードルールを確立することがメンタル管理をする一番の方法ってことです。

 

負けてもルールを確立していたら結構ポジティブに考えられるものです。損切もポジティブに考えられるようになることが勝ち組への第一歩なのかなと思います。

 

この子はニンちゃんといいます。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です