なぜあなたはFXで勝てないのか②~人間は投資に向いていない~

投資を行う上でよく出てくる心理学理論(マインド)があります。

それは、プロスペクト理論です。

 

プロスペクト理論とは、

人間は利益を得る場面では、リスク回避を優先し、損失を被る場面では損失を可能な限り回避しようとする傾向がある

という理論です。

 

ここであなたに問題です。

あなたならどっちを選択しますか。少し考えてみてください。

質問1

A:100万円を確実に手に入れる

B:コインを投げて表なら200万円、裏なら0円

答えは出ましたか?

では、次の質問です。

 

質問2

もしあなたが借金を200万円背負っている状態で質問をされたらどうしますか?

A:100万円を確実に手に入れる

B:コインを投げて表なら200万円、裏なら0円

答えは出ましたか?

 

質問1の場合ですが、ほとんどの人がリスクのないAの100万円を確実に手に入れれる方を選択します。

 

では、質問2の場合はどうでしょうか?

質問1でAと選択したほとんどの人がギャンブル性の高いBを選択するといわれています。

 

これってめちゃくちゃ矛盾してますよね?

質問1と質問2は全く同じ質問でどの選択肢も期待値は100万円で同じです。しかし、自分が置かれている状況が違うと選択する答えが違ってきます。

 

まとめますと

 

1 目の前に利益があると、利益が手に入らないリスクを回避する(確実に手に入る選択をする)

2 目の前に損失があると、損失そのものを回避しようとする(リスクをとってギャンブル性の高い選択をする)

つまり、人間の本質的には投資って向いてないことが分かります。

 

プロススクト理論と相場

 

上記の問題はお金をもらう問いでしたが、投資の世界ではプロスペクト理論でいうと【損大利小】を表しています。

【損小利大】でなければ勝てないのはもちろんですから、この理論でいうと人間が投資を行うと負けてしまうことになります。プロスぺクト理論を相場に当てはめると、

・目の前の利益は早くとる

・損失を抱えると保有してしまう

 

思い当たらないですか?どうでしょうか?まさに私がそうでしたので大体の人がこれに当てはまると思います。

 

利益が出ている状態で、その利益が少なくなってくるとすごく決済したくなって、結局利食いしてしまいます。これが確実に手に入る選択をすることです。

 

そして、損失を抱えている状態では、戻るであろうとかという訳の分からない期待を込めてホールドします。これがリスクをとってギャンブル性の高い選択をするということです。

 

これをやっていると必ず退場になります。

 

どうでしょうか。普通に投資をすると負けてしまうことが人間の心理学的に証明されていることがわかりましたか。

 

ここで私が言いたいことは、自分の決めたルールを守って機械的にトレードしないといけないということです。ルールを守って長くトレードできるように頑張っていきましょう。

この子はニンちゃんといいます。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です